桜のはなびらどっとねっとロゴ

桜のはなびらどっとねっと

サイト内コンテンツの利用について

当サイトに掲載されている画像・動画・文章等を著作権法で定められた範囲内での利用に関しては特に制限を設けておりません。著作権法で定められている範囲を超えて利用する場合には、作者への使用申請が必要となります。

また、後述する理由のため、著作権法で定められている範囲での複製等でも、差し支えなければ利用報告をお願いします。

なお、申請用のテンプレートは以下のページに有ります。

サイト内のコンテンツの利用について

当サイト内のコンテンツは利用形態に関わらず無料で利用することが出来ます。

ただし、必ず利用報告をお願い致します。また、利用形態によっては事前許諾を必要とする場合がありますが。サ当サイト内のコンテンツの二次利用に関して利用料金が発生することはありません。

ただし、いかなる場合でも無償で提供するという性質上、当サイト内のコンテンツを二次利用した際に発生した問題や損失に関して当サイトの管理人であるSakura87は一切の責任を負いません。各自の自己責任のもと利用してください。

利用を報告する目的

当サイト内のコンテンツの利用を申請していただく理由及び目的としまして。著作物の使用実態の確認のため。という理由ともう一つはコンテンツに重要な修正が入った場合に利用者に報告できるようにするためです。当サイトのコンテンツは一歩間違えると重大な事故を引き起こすものを扱っている場合がありますので。

重要な修正等を二次利用者にも知らせることが目的で利用報告または使用許諾を得る、若しくはその両方を行っていただくようにお願いしております。

文章の利用に関して

利用する著作物がテキスト文章の場合は、コピー先の文章の50%以上が当サイトからコピーされたものであるか、こちらの文章の60%以上をそのままコピーして利用する場合において有償無償問わず使用報告が必要となります。許諾は必要ありませんので報告のみで構いません。

ただし、文章の丸コピーではなく『引用』を行っていて、その結果文章の50%以上が当サイトからの文章である場合は特に報告の必要はありません。ただし、当サイトからの引用であるという事を明記しておく必要があります。

著作権法で定められている範囲とは

著作権法第三十条などで定められた範囲のことで、基本的には該当法の範囲に則ります。
(一部抜粋)

  1. 個人利用のための複製
  2. 家庭内もしくはそれに準ずる限定的な範囲での利用
  3. 著作物の利用を検討するための利用
  4. 技術開発や製品試験に利用する場合
  5. 学校などの教育機関での利用
  6. 試験問題としての複製
  7. 障害者支援のためにの複製等
    点字化や朗読など。
  8. 翻訳など

なお、以下の場合は著作権法で複製が認められていますので許諾は必要ありませんが、
利用報告をお願い致します。
(ツイッターでDMを送るなどの簡単な利用報告で構いません。)

  1. 報道機関が時事情報の伝達として利用する場合
  2. 政治活動の演説の一部として利用する場合
    通常の市町村選挙・衆参院選など。
  3. 障害者支援のために複製した複製物をWEBで公開する場合。
    可能であればリンクを貼らせていただきます。
  4. 翻訳した内容をWEBにて公開する場合。
    自動翻訳サービスを介する形で翻訳をする場合は報告不要。
    ただし翻訳内容を加筆修正したり、それを自身のサイトにアップロードする場合は報告が必要。

コンテンツを非営利目的で利用する場合

当サイト内の動画や画像・音声といったコンテンツを非営利で他の作品に利用する場合は、以下のような決まりとなっております。

非営利の範囲

非営利として定める範囲としては以下のとおりです。

  • 賞金が出ないコンテストに応募するための作品への利用
  • 作品の閲覧に関して直接金銭が発生しない場所への利用
  • 有料会員制サイトのだが一部無料閲覧可能なサイトでの利用
    ただしそのサイトの無料部分で利用作品が閲覧可能な場合に限る。
  • 閲覧するために入場料が発生する場所での開催
    その入場料が作者や主催者の収入源にならない場合
  • その他直接作品に対して対価が発生しないもの

利用方法

非営利の場合で作品を加工しない場合に限っては、特に許諾なく使用することが出来ますが。利用したことを報告してください。報告先およびテンプレートに関してはサイト概要のページに貼り付けてあります。

作品を加工しているとみなされない範囲

  • 著作者表記を作品内に入れるための加工
  • タイトルやクレジット等あまり文字数の多くないのテロップ挿入
  • 動画のアスペクト比に合わせるための切り抜き
  • アスペクト比を保持した拡大・縮小
  • 著作物のイメージを損なわない程度の明るさ・コントラストの調整
  • 背景として使用するために上から白色レイヤーをかぶせて色を薄くする
  • 圧縮や切替効果による画像の変化

以上の範囲を超えて加工する場合は非営利目的の場合においても利用許諾は必要です。

テロップ挿入に関しては、大体このくらいまでがOK範囲です。

title cast
news scast

一度にこれを超える量のテロップを画像に記載する場合は許諾が必要となると思われます。

コンテンツを営利目的で利用する場合

当サイトのコンテンツを営利目的で利用する場合には、利用する前。具体的には内部で制作が決定して制作作業が終了する前までの間でどのコンテンツをどの程度利用するかがはっきりした時点でなるべく早い段階での許諾申請をお願いします。(工程の進行度で許諾の可否を変えることはありませんが。あまり遅い段階で報告されますと、不許可となった場合や許可申請が遅れた場合に貴方の製作スケジュールに問題が発生する場合もあります。)

明確に営利目的とされる範囲

  • 閲覧料が有料の作品
  • 閲覧するために入場料が発生する場所での開催
    ※入場料の全部または一部が作者や主催者の収入源になる場合
  • 作品自体を有料販売する場合
  • 別の有料作品や製品の使用例として利用する場合
  • 作品や製品の画像の表示例として画面に表示する場合
    若しくは画面に該当する部分に画像処理ではめ込む場合
  • 写真集などの挿絵や背景として利用する場合
  • 製品や作品の初期画像・付属品として利用する場合
    例えばスマートホンを買ったら入っている初期設定の待ち受け画面や、パソコンの壁紙。フォトフレームやプリンタのデモ画像として利用する場合など。その画像自体が主な作品や製品ではなく、あくまで作品や製品の付属品となる場合や、製品の性能をアピールするためのアイテムとして使う場合。
  • 製品パッケージや梱包材に利用する場合
  • 募金活動・政治活動・報道利用で冒頭に示した活動から逸脱するもの
    募金は金銭の行方に関わらず営利目的とみなします。
    例えば報道や政治活動での利用だとしても、例えば報道記録集や選挙演説集のようなパッケージを販売する場合等や、その予定があるモノについては許諾を得る必要があります。

基本的にこのサイトにある画像や文章を利用して、何か利益が発生する場合です。何らかの利益が発生する場合は、必ず事前に承諾を得てから利用してください。

報告する際の金額について

営利目的で当サイトのコンテンツを利用する場合、その作品や製品を販売する金額を書いておく必要があります。記入するべき金額の目安としては以下のとおりです。

  1. 入場料や観覧料等
    大人1人あたりの割引等なしの通常料金
  2. 定価が定められている商品の価格
    税込定価・税抜き定価・若しくはその両方
  3. 定価が定められていない商品の価格
    凡その実勢価格(税込み・税抜き問わず)
  4. オークションやくじ、募金などの価格が定義されないもの
    金額が想定できるものは想定金額を、金額が想定できないものは「1円以上」と書いておいてください。

禁止事項

以下に定義するものに該当する場合には原則として使用許諾を出しませんので予めご了承ください。

  1. 自分が作成したと偽る行為
    当サイトのコンテンツを利用したにも関わらず、すべてを自身で作成したとして発表したり、然るべき著作権表示がされていない場合。
  2. 当サイトにあるコンテンツ自体の販売
    当サイトの作品を利用して作品を作るのではなく。例えば当サイトの作品のデータをそのまま複製して販売するなどの行為は禁止します。
  3. 違法行為もしくは反社会行為での利用
  4. デモや抗議活動等で、作者が賛同している用に思わせるような使用
    特に賛同していないのに、作者も賛同していると思われるような方法で同活動にて当サイトのコンテンツを利用することは禁止いたします。
  5. 現代アートと称し、作品や作者の尊厳を著しく傷つける行為
    作品を無秩序に汚したり、切り刻んだり、踏み絵的行為を行わせるような作品への利用は禁止いたします。
  6. 個人や組織に対する誹謗中傷や脅迫・恐喝などでの利用
  7. その他公序良俗に反する行為

同人活動での使用

同人活動も営利活動といえば営利活動ですが。
材料費+諸経費程度の値段で少量頒布されている同人誌等の作品に当サイトのコンテンツを利用する場合は、以下の条件を守れば特に許諾なくご利用いただけます。報告は事後報告でも可能ですのでお願いします。

  1. 利用箇所もしくは作品の奥付欄・取扱説明書等に著作権表示を行うこと
  2. 年齢制限等然るべき制限が設けられていること
  3. 初出の即売会での頒布数が300部以下
    300部以上の場合は事前に許諾をお願いします。
  4. 原価率が3分の1以上を占める価格設定であること
    価格のに対して以下の経費が3分の1以上をしめること。
    ・初版印刷費総額
    ・即売会参加費用
    ・会場までの交通費
    ・人件費(不明な場合は製作時間×最低賃金×人数で計算)
    を印刷部数で割、1冊の費用が設定価格の3分の1をしめること。
    これを超える場合は営利として事前に申請をお願いします。
  5. 重版や委託販売の予定がないこと
    重版や委託販売の予定がある場合は営利目的として事前に許諾が必要になります。
    もし最初は委託販売の予定がなかったが、人気が出て今後重版や委託販売を行う予定の場合はその時点で申請が必要です。なお、初版売れ残り分を委託販売する場合はこの限りではありません。

高解像度データについて

また、多くの写真で横解像度が2000px以下の作品については基本的に高解像度データが存在しますので、事前に申し出ていただければ高解像度データを提供いたします。(場合によっては提供できないものも有ります。)

提供可能なデータフォーマットは以下のとおりです。

JPEG形式(クオリティ100) ・ PNG形式(24bit) ・ TIFF形式(24・48bit) ・ BMP形式

コメントは受け付けていません。