桜のはなびらブログロゴ

桜のはなびらブログ

レンズを買いました。 CANON RF35mm F1.8 MACRO IS STM

予告の通り、保険金が入りましたのでレンズを買いました。

キヤノンのEOS R向けRFマウントの単焦点レンズで、35mmの画角とハーフマクロ、17cmまで寄れる接写能力があります。

購入動機

立て続けに追突事故を起こされ、その保険金が入ってきましたので。

というのが購入動機ですが、そもそも今までブログアップ用の物撮りをEF-S 24mm F2.8 STMで撮っていたので、フルサイズでセンサーを使っていませんでした。ブログ用なのでその方が軽くて良いのですが、せっかくのフルサイズを活かせないのも勿体ないのでレンスを買うことにしました。

レンズ選択

今回はまだでたばかりのEOS Rでサードパーティーの対応も十分ではないでしょうから。最初から純正レンズ群(EF・RF)に絞って考えていました。

  • キヤノン純正
  • フルサイズ対応
  • 24~40mmの単焦点
  • 出来れば寄れるもの
  • 手ぶれ補正は出来れば欲しい

ということで、考えていましたが。値段に関しては10万円まで、ただしやすければ安い方が良い。

キヤノン純正で条件に合うものと言えば、6本位ありますがEF40mm F2.8 STMが設計も新しめで安いし、一度持っていたし。ということで良いかなと思いました。しかし、ここはやはりRFレンズを買ってみようという事で、こちらのレンズにしました。

製品レビュー

購入したのはレンズ本体とレンズフード。
ヨドバシカメラで4月27日に購入し、レンズが64,210円、フードが3,000円の計67,210円でした。

正直このサイズであればレンズフードは不要な気がします。

レンズの内容物とレンズフードの箱。

レンズフードはこんな感じ。

正直これに3,000円かぁ…。と思いましたが、まぁオプション品なんてそんなもんでしょうし。

単焦点なので操作系は至ってシンプル。

手ぶれ補正のオンオフとMF切り替えスイッチ、コントロールリングとMFリングがあるだけ。

前玉。絞りはなんともまぁ「カメラらしい」感じの絞りが付いてます。

裏。

ご自慢のショートバックフォーカスらしいですが、レンズ側からじゃよく分らんね。

作例

絞りを変更して撮影した作例

絞り固定F1.8にて撮影。1/60秒。ISO 320。

F1.8はピントが合っている部分が少なく、案外難しいですね。

F2.8まで絞った。1/60秒ISO 800。ここまで来ればそれなりにピントの合う場所も多くなって、割と使える。

F4.0  1/60秒 ISO 1600

F8.0 1/30 ISO 3200。手ぶれ補正なしで1/35がこのレンズの手持ち限界なので、ここら辺がISを切っても取れる限界になってくる。

F16 1/8秒 ISO 3200。

手ぶれ補正機能

上の被写体をシャッタースピード優先で撮影し確認。
手持ち撮影だが、台に手は肘を突き、簡単に固定している状態。

1/30秒。これが基準になると思われる。当然手ぶれは無し。

1/15秒。2段分。これも特にブレてはいない。

1/8秒。3段分。まだブレはない。

1/4秒。4段分。いままでのEFレンズ系だとここが限界。ちょっと怪しい気もするが…。

等倍で切り出すと若干ブレている。まぁスナップショットであれば許容範囲のブレである。

そして5段目の0.5秒。ブレてはいるが、まぁ記録写真としては十分使えるレベル。

少し腕を浮かせて0.5秒でISをオフにして撮影。これは明らかに失敗ですね。

同じ条件でISをオンにしたところ。確かに強力な手ぶれ補正が効いてることが解る。

自由作例

このゴールデンウィークに島根と鳥取と佐賀に行ってきましたので、そのときの写真を作例としてあげます。

この旅について

5月2日深夜に出発して高速を使い、仮眠や休憩を挟みつつ9時間かけて出雲大社へ、その後下道で境港まで行き、下道で9時間かけながら帰ってきました。4日は佐賀にある鏡山に行って、遠回りをして大牟田市動物園にちょっと寄って帰りました。

道中のSAに生えていた草。接写ですが中々きれいに撮れていますね。

逆光も良い感じ

出雲大社前の川。風景写真もピントがよく合ってくっきりはっきり良い感じ。

植物を撮るのに結構良い感じですね。まぁマクロレンズですから基本的にはこっちがメインでしょうけど。

鳩さん。

帰りの途中の砂浜。

ところで水木しげるロードは人が多すぎてアップロードできるような写真じゃないので写真はありません。
気が向いたらぼかしいれて上げるかもしれないけど。

いちご。

虹ノ松原

キノコ生えてる

お花。なかなかピントがあわずに苦労してMFで撮影しました。

クジャク

評価

6万円前後という値段だけあってかなりの描写力で良い感じ。
まぁ流石にLレンズには及ばないと思いますが。持ってないので知らんけど。

この焦点距離なら手ぶれ補正要らないだろうと思っていたけど案外役に立ちますね。

初めてのRFレンズでしたが小型軽量で良い感じでした。

ところで、軽量を重視するなら、RF35mmが305gなのに対して、マウントアダプタ+EF40mm F2.8 STMが110+130gでEF40mmの構成のほうがちょっと軽くなるんですよね。

とりあえずこれでフルサイズの必要なレンズはそろったので、今後レンズを買う予定はしばらくないですが、RF24-105Lがちょっときになるのと、今後発売されるRF24-240がきになるのでこの2つをもしかしたら買うかもしれません。

んで、次回ですが。このレンズを買ったポイント+αでサブノートのSSD容量アップを行いましたのでそれの記事を来週中くらいには書こうと思います。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事