桜のはなびらどっとねっとロゴ

桜のはなびらどっとねっと

ドン・キホーテ ジブン専用PC&タブレット KNWL10K-SRレビュー

2万円で深夜でも買えるPCとして話題のドン・キホーテの2in1タブレット。ジブン専用PC&タブレットを買いましたのでレビューします。

概要

ナウなヤングにバカウケな雑貨店ドン・キホーテが販売を開始した2in1タブレットです。

パッケージの触れ込みは「2台目に最適!」という事でサブPC需要を狙ったPCのようです。

主なスペックはCPUがIntel Atom x5-Z8300 メモリ2GBのSSDがeMMC 32GBという構成でWindows10 Home 64bitが入ってます。基本的にはタブレットですがキーボードがドッキングできノートPCとしても利用できるタブレットとなっております。

パッケージ

よくある安物家電のパッケージの様な(まぁ実際安いんですが)

またこいつも例のAppleっぽいレイアウトですよ。まぁいいんですけどさ。

内容物は本体にACアダプタと取説・保証書という非常にシンプルな構成。説明書もかなり不親切な、これならない方がましなレベルの説明書が入ってます。2台目…という触れ込みからとりあえずPCの操作はわかっているような人向けのPCになると思います。

本体はこんな感じ。10.1インチなので少し大きめだと思いましたが。実際は結構いい感じのサイズです。まぁiPadが売れるわけですな。

フラッシュを炊いたら意外と床の汚れが目立つ…。 ドッキングした感じはこんな感じ。

閉じた状態。メーカーロゴすらない。むしろこのカメラ必要なんだろうか?どこかの画面を二つ搭載したゲーム機をほうふつとさせます。

左側面にAC端子 microHDMI端子 USB端子 ヘッドフォン端子がついています。キーボードドック側には通常のUSB端子がついています。この値段でもHDMIついてるのはいいですね。左側面にはキーボード側に同様にUSB端子があるくらいで他は何もないです。

下部にドッキング用の端子と穴。microSDスロットがあります。このmicroSDスロットが微妙で、最初不良品かと思ってサポセンに電話をしたところ何か細いもので奥まで差し込めという事で差し込んだがやっぱり駄目で販売店からの連絡を待っていたところ10回くらい抜き差ししたらカチッと音がしてそれ以降指で簡単に入るように…。

ちなみにこのドックですが。磁石で止まるようになっているものの、防磁設計なんて考えてないのでモロクリップとかつきます。磁気カードとか注意しておいた方がいいかもしれません。

上部にはタブレットなので電源ボタンと音量ボタンがあります。

アウトカメラは500万画素あるらしい。いらんやろ。

画面は光沢なので映り込みが激しいです。

一応触れ込み通りIPS液晶が搭載されていますが。10.1インチで1280×800と粗いことと。(それでも149dpiあるんですが)あまり発色はよくないのでまぁそこまで期待は禁物ですが。腐ってもIPSなのでTN液晶よりは断然いいです。(とはいえ古いVaioに使っているような高級なTN液晶よりは劣りそうです)

8インチタブレットと比較。たった2インチ大きいだけなのだけど意外と大きいですな。

おまけ程度のタッチパッドがついています。

これがものすごく使いにくく、右半分に右クリック、左半分に左クリックが割り当てられていますが。タップでクリックが動作するなどの誤動作がひどく。さらには上端からスクロール、左右スクロールに機能が割り当てられていてこれが解除できないため誤動作しまくりなので、本当におまけ程度に考えておいた方がいいでしょう。設定でどうにかなればいいのですが、そもそも設定項目がないからどうしようもない。タッチパネルの方は誤タップもなく動作良好です。

というわけでマウスを買いました。

キーレイアウトは意外とまともです。Ctrlキーが外側なのが好感が持てますね。サイズ的に省略されているキーや小さいキーがありますが。とりあえず左側は問題なさそうです。

右側は変態配列となっており、全体的にJISと英語配列を混ぜたような感じになっています。特にひらがなの「ろ」、アンダーバーを入力するキーボードの位置がこんなところなのでこれが許せるかどうかという話になってくると思います。

右Ctrlキーがないのも人によっては困ると思われますが。まぁそんなこと気にする人がこのPCを買うとは思えないのですが。

性能

基本的には安いWindowsタブレットと同じ感じですが。ほぼ素のWindowsで何も入っていません。

他の同様な性能のタブレットやノートPCとの違いといえばUSB3.0がないところと5GHz帯の無線LANに対応していないくらいでしょうか。そのぶん5000円くらい安いようですが。

こんな感じ。KEIANが作ってます。Windows10は1511のバージョンが入っていましたが。1607バージョンへのアップグレードも何度か失敗して可能でした。まぁ無線ドライバーくらいしかインストールされていないのでいっそクリーンインストールしてしまえばどうにかなります。

メモリ2GBで64bitだとフットプリントが大きいのでどうなのかと思ったけどそんなに支障ないですね。

一通りアップデートが当たって、ディスクのクリーンアップを行った状態で空き容量が10GBくらい。
サブとして使うには十分な空き容量かと思われます。例えば子供用PCなどとして考えている人はSDカードを追加するかもう少し出してHDD搭載モデルを買った方がよさげです。

オフィスモバイルがプリインストールされていてある程度のことができます。

Xperia Z5で撮影した4k動画も問題なく再生でき、再生時のCPU負荷も高くありませんでした。恐らく再生支援が効いているものと思われます。

ニコニコ動画もおよそ30~40%程度。Z3735Fのタブレット(dynabook tab S38)で同じ動画を見たら20%後半から40%くらいだったのでほぼ同程度の性能と思われます。

YouTubeは再生支援がバリバリ効くので4k動画も問題なく再生できてます。

艦これでも40%台安定~時折50%を超えるくらいでほぼコマ落ちなしです。

一応個人的には撮って出しレベルのRAW現像ができればいいなという感じなので。PhotoshopCC(2017)をインストールしてみましたところ、ちょっともたつく感じはあるし起動に時間がかかる(2分無いくらい)のですが割と問題なく現像ができます。

EOS 7Dが出た時期といえばCore2 Duoも現役の世代なのであまり負荷が高くないかもしれませんが。5Dsみたいな高画素モデルを買わない限りは問題ないでしょう。

現像した写真を編集してみました。アーティスティックにガッツリ編集には液晶性能的にもCPU性能的にも向きませんが。イベントなどの実況的に1~2枚の撮って著作権表記を追加したり人の顔に修正を入れたりしてアップロード用の写真を作成するくらいの作業ならそれなりに可能です。

ベンチマーク

ある程度落ち着いたときにベンチ走らせたのですが。567とZ3735FのPCよりも低い結果となってしまいました。

とはいえ他所のベンチを見るとそんなに劣っているとは思えないので設定やこのPC特有の問題があると考える事もできると思います。

そういえばやたらとローディングに時間がかかるんですよね。ストレージが悪いんですかねぇ。

一応こんな感じなのですが。スコアの割にはどうも実仕様でストレージが遅いような感じがある。何かあるんでしょうか。安いからで片付けてもいいんでしょうが。それにしてはちょっと残念な感じ。もしかしたら一部データをSDカードに入れていることも影響しているのかもしれない。今度クリーンインストールなど試してもう一度ベンチ周りは取り直す必要があるかもしれないです。

カメラ

なんか上下反転してますがまぁ画質はそんなに悪くないです。とりあえず使えるレベルではあるかな。

以上、とりあえずデータがまとまったので記事にしました。
もう少し使い込んでから追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。