桜のはなびらどっとねっとロゴ

桜のはなびらどっとねっと

EF40mm f2.8 STM

この記事は1年以上前に投稿された記事です。 この警告表示について

IMG_4999

レンズを買いました。

EF40mm F2.8 STM

Canonの純正パンケーキレンズです。お値段2万円前後で安めの単焦点でCanonの中で撒き餌レンズの次くらいにやすい単焦点でしょう。

 

P1000949

装着。出っ張りも少なく、綺麗にまとまって良い感じですが、一眼レフの正しい持ち方をすると左手のやり場に困ります。

 

【作例】 ※以下クリックでオリジナル画像

作例はすべてオリジナルRAWをPhotoshopCS6にて現像しました。現像時のパラメータは写真によっては露光量を少し変更したくらいです。

 

IMG_4654a

まず小物。フラッシュ撮影。最短撮影距離が30cmと割と短いため一般的な飲料品の350ml缶くらいのサイズの小物であればいい感じのサイズで撮影ができます。40mmは換算すると64mmで少し長いですが。

 

IMG_4605a

結構生き物を撮る時とかにも使えそうです。この写真は開放で撮影しましたが開放からシャープでいい感じですね。Lレンズだともう少しカリッとしているんでしょうか。個人的にはこれで十分でしょう。

IMG_4703a

屋外。F8 このレンズは少し色がおとなしいですね。

IMG_4589f

IMG_4589fs
上の写真の等倍切り出しです。

 

IMG_4710d
比較的大きめの植物の撮影には結構いい感じでした。

IMG_4610

IMG_4704b

IMG_4722f

※若干露出アンダー気味な写真が多いのは個人の趣味であり、レンズの特性ではありません。

【評価】
確かに上を見ればきりがないです。もちろんこのレンズよりもよく写るレンズもあるでしょう。しかし、この価格でこの写りとなると有無を言わずに一つ持っておいてもいいのではないでしょうか。

APS-Cに40mmは若干長いですが50mmほど扱いにくくはないので軽くて普段使いのレンズとして持って来いでしょう。2万円でお釣りが来たり来なかったりする価格なのでもし落として壊れても安心ですし。

STMについてはシャッターを押したらぬめっとピントが合うので癖になりそうです。私が使用したのはEOS7Dなので動画撮影時の常時AFは使えませんが。それでもAFボタンをおして手動でAFを合わせる際の時間が大幅に改善され、十分実用レベルになりました。

よって、動画撮影時にX6iや70D等のように完全対応していない機種でもある程度の恩恵はあると思われます。何よりAFの動作音が聞こえないのがいい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。