桜のはなびらどっとねっとロゴ

桜のはなびらどっとねっと

SONY WALKMAN NW-A20 シリーズレビュー

IMG_8548_20160903

F880のコネクタ周りが不調なので(多分ケーブルのせいだけどまぁそんなの口実ですよ)新しいWALKMAN買いました。

えぇ、買いましたとも。

購入したのはソニーのWALKMAN AシリーズのNW-A20。その16GBでハイレゾイヤホンが付属のNW-A25HNです。
ヨドバシ.comで28350円。ポインヨ使って26000円ちょい。

購入動機としてはF880がくたびれてきたのとそろそろ新しいプレイヤーが欲しくなったため。
そろそろ新機種でそうな感じではありますが(フラグ)まぁ欲しい時が買い時というしよいだろう。

機種選定

今回は最初からWALKMANを狙って行きました。

機種を選ぶ基準としてF880と同等かそれ以上。Wなんかの特殊品を除けばちょっとランクは下がるが安い機種だとSシリーズが1万ちょい。Aシリーズが2万後半。ZX100が7万円。ZX2が11万。

ZX2は流石に買えないにしてもZX100はちょっと頑張れば買えそう。だけど さくらさん@がんばらない なので今回はAシリーズにしました。

Aシリーズ最新モデルはA20。容量はA25が16GBでA26が32GB。A27が64GBといういつものラインナップ。

まぁこの機種はmicroSDで増設が効くので一番安いモデルを買いました。
ただし、ハイレゾ対応ノイズキャンセリング搭載のイヤホン付きのHNにしました。このハイレゾイヤホンは別に買うと1万くらいしますので価格差を考えるとなかなかお得です。

商品画像

IMG_8451_20160902

外箱はシンプルな一色刷り。
F880のはこの倍~3倍くらいの大きさはあります。

IMG_8452_20160902

開けて中身を抜き出すとまず本体がお目見え。Appleかよ

IMG_8454_20160902

下の箱をハイレゾイヤホン。その下には取説やケーブルが入ってました。

IMG_8455_20160902

内容物一覧。本体、イヤホン、キャップ、イヤーピース、転送用ケーブル、取説類、クリップが入っていました。内容物は他のWMと変わらないかな。

本体画像

IMG_8465_20160902

色はココ最近気に入っているシルバーにしました。
というかいい加減黒にはあきました。有彩色のモデルも良いと思うんですが。気に入ったものがなかったので。

IMG_8550_20160904

まぁみんな持ってそうなやつで大きさ比較。スマホはXperia Z5です。

IMG_8466_20160902

裏面。見難いですがNFCのロゴとWMのロゴあとは生産国表示、RESETボタンなんかがあります。まぁいつもの感じですね。

IMG_8467_20160902

右サイドに音量ボタン、ホールドスイッチ、microSDスロットがあります。

IMG_8468_20160902

下部にWMポートとイヤホン端子。ストラップ穴が入ってます。

IMG_8471_20160902

F880と大きさ比較。単体で見るとかなり小型に見えますが、並べてみるとあんまりサイズ変わらない。

IMG_8472_20160902

厚みもほぼ同じ。

IMG_8476_20160902

microSDスロットはこんな感じではいります。

IMG_8505_20160902

ちなみにアクセスランプついてます……。いるの?

ユーザーインターフェイス

IMG_8536_20160903

メニュー画面。昔からよくあるWALKMANのUIという感じ。

IMG_8531_20160903

楽曲の表示画面もいつもの感じ。まぁ必要な情報はでいてる感じ。

IMG_8537_20160903

全曲表示、アルバム別、アーティスト別、ジャンル、リリース年、ハイレゾなど必要な項目は一通りある。

IMG_8538_20160903

アルバム表示はジャケット写真も表示できる。(ジャケット写真のみの表示にも出来る)

IMG_8539_20160903

SDカードメニュー。まぁだいたい必要な作業はできる感じ。

IMG_8541_20160903

設定画面。まぁ一通りの設定はできる。

IMG_8542_20160903

ヘッドフォンは廉価向けのNC3xと付属のNW750が選択できる。この2つじゃないとノイズキャンセリングが有効にできない。F880ではできたのに。

ちなみに他のWMと同様。上記2種のヘッドフォンでもその他のヘッドフォンにしたほうが音はいい。

IMG_8543_20160903

画面はまぁ2.2インチQVGAなのでこんなもんでしょう。

IMG_8544_20160903

視野角は広め。たぶんIPS系。

音質

IMG_8474_20160902

ソニーらしいといえばソニーらしいのだけど。いつものソニーよりは原音に忠実な感じ。

付属のヘッドフォンも流石に今までの普通のイヤホンと比べると音はいいが、値段のあまり変わらないXBA-100と比べると高音がちょっと物足りない感じ。まぁダイナミック型とバランスド・アーマチュア型で比較するのもアレですが。

とは言え悪いイヤホンじゃないので付属の選択肢としてはありだと思いますね。別に買うとなるとノイズキャンセリングがいらないなら他に選択肢がたくさんある感じ。

もう少しエージングが進むと評価が変わるかもしれないが聴き始め数日ではこんな評価。

ただちゃんとしたイヤホンやヘッドフォンをつけると高音も綺麗だし一つひとつの音も聞き分けられるので十分高音質だと思われる。メインのXBA-100とMDR-1Rmk2を使っているのだけど。XBA-100は単体でなかなか楽しい音質になる。MDR-1Rの方もなかなかなのだけどこの前作ったHPAのICをLME49860NAに変えたものをかませると音の広がりが良くなってなかなかいい感じになる。マイ電柱を持っちゃう人じゃなければ十分楽しめるし。J-POPやアニソンメインの人には満足の行く一品となっていると思う。クラシックは聞かないので知らん。

で、肝心のF880との音質比較だけど。やはり世代が新しい分音質は良くなっていると思うがほぼ互角。まぁ値段が変わらないんだから音質も同じくらいに作っているのだろうけど。

総合評価

電池も持つし音質もいい。

3万円弱という価格帯は少々高いと思うのだけど。ハイレゾ入門用や携帯音楽環境を少し高音質化しようとしている人にとっては無理のない選択肢。そりゃあ、上を見たら10万、20万じゃ話にならないような超高音質プレイヤーもありますが。そんなのはマイ電柱建てる人じゃなきゃ必要ないでしょう。(むしろマイ電柱立てる人がポータブル機を買うのだろうか。

というわけで買いかどうかで言えば候補に上がっていて、候補の中で一番高いなら買いだと思います。

操作性もそんなに悪くなく、物理キーなのでブラインド操作もできます。

FMも補完放送対応で単体での録音も可能だし。音楽専用機としての出来はかなり高いです。やっぱりさすがソニーといったところでしょうな。Androidプレイヤーじゃないのでプレイヤーソフトを変えたりネットワーク越しの再生、YouTubeやニコニコ動画などの再生といった面白いことはできませんが。

使用1週間経って(2016年9月9日追記)

やっと電池切れました。一日3時間程度の使用(イヤホンは付属だったりXBA-100だったりMDR-1Rだったりアンプ使ったり 主にCDリッピングのApple Lossless)で9月3日早朝に電源から外し9月8日の夜に電池メーター点滅。使い方をうまく工夫すれば概ね一週間程度は電池持ちそうですね。安全圏は3日といったところでしょうか。

イヤホン(MDR-NW750N)もなかなかエージングが進んできて音質も良くなってきました。相変わらず低音出ないですが。まぁ聴き疲れするような音質ではないです。ちなみに付属のイヤホンもやっぱり通例通り「その他のヘッドフォン」を選べばそれなりの音質になりますが。ノイズキャンセルが使えなくなるのでそこまでしてわざわざこれを使う必要もないかと。正直ノイズキャンセルが使えなくなるならベース機種であるMDR-EX750を買ったほうがいいと思われる。A26以上は当イヤホンセットしか無いからそっちを買う場合は逆に態々1万円くらいのイヤホンを買う必要はないと思うし。A25でも無印とHNとの価格差を考えたら別にありだと思う。

ただ、単体で買うとなると正直微妙。どうしてもノイズキャンセル+ハイレゾで聞きたいなら別だけど。
というわけで本体に5000円+でハイレゾ対応のちゃんとしたイヤホンがついてくるHN付きがやっぱりお得かと。

追記ここまで

F880と比べて良かったところ

  • 小型軽量
  • 電池の持ちが倍くらい違う。
  • ちょっと高音質
  • 動作が軽快。すぐ起動する。

悪かったところ

  • Androidじゃない
    音楽プレイヤーとしてみたらそこまでマイナスじゃない
  • スピーカー内臓じゃない
    実は地味に便利だったアレ。
  • 裏側がプラ筐体
  • 「その他のヘッドホン」を選んだ時にノイズキャンセリングが使えない

 

で。

 

ときたところで

というフラグを立てつつ

tou

華麗に回収。

届いた瞬間から旧モデルになりました!

フラグ回収ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。